*

育毛剤と白髪染めの併用は大丈夫?色落ちしない?

育毛剤と色落ちの関係

抜け毛や薄毛が気になってきたから育毛剤を使わないといけない・・・でも白髪も染めたい・・・なんてことありませんか?

育毛剤年齢は白髪も増えてくる年齢ですよね。白髪染めの説明者でよく見かけるのは使用後に育毛剤は控えてくださいという注意書き。

せっかく染まったの育毛剤で色落ちしてしまうからだそうです。

 

色落ちの原因アルコールは成分

なぜ育毛剤で色落ちするかというと含まれているアルコールが原因ということです。それではアルコールを配合してない育毛剤なら大丈夫なの?

 

ということでしらべてみるとアルコールフリーの育毛剤なら白髪染めやmヘアカラー後の色落ちの心配がほぼない、ということがわかりました。

 

白髪染めやヘアカラーをしながら育毛剤のしっかり使ってフサフサの髪にしたいときはアルコールやエタノールを配合していない育毛剤を選びましょう。

 

アルコールフリーの育毛剤

さっそくアルコールを配合していない育毛剤を紹介しようと探してみたのですが、意外に少ないのがわかりました。ほとんどの育毛剤にアルコールあるいはエタノールが入ってます。

アルコールもエタノールもまったく入っていない育毛剤は「ミューノアージュ」です。ミューノアージュは皮膚科のドクターが開発した育毛剤なので頭皮に優しいと評判です。

 

>>>ミューノアージュの詳細はこちら

人気の育毛剤マイナチュレやベルタ育毛剤にも少量のアルコールが配合されていました。アルコールが含まれている育毛剤を使う時は染めてから2.3日はお休みしましょう。

アルコールが含まれている育毛剤も染めてから2.3日してからなら色が定着してるので使っても大丈夫です。

色落ちしにくいヘアカラーは?

白髪染めやヘアカラーは種類があります。種類によって色落ちしやすいものと色落ちしにくい物がありますので選び方によって色落ちにも違いがでるでしょう。

色落ちしやすい白髪染めは「ヘナ」や「ヘアマニキュア」です。この二つは頭皮や髪の毛に優しくダメージが少ない反面、白髪染めをしなくても色が落ちやすいのがデメリットですね。

市販のヘアカラーや美容院のヘアダイは髪の毛の中まで色が入るので色落ちがしにくいですがジアミン入りだと体質によってアレルギーが出たりダメージが出やすいというデメリットがあります。

このように染める種類によっても、色落ちが違います。髪の毛は顔の額縁ともいわれますのでいくつになってもボリュームのある髪でいろいろなヘアスタイルを楽しみたいですね。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マイクロニードルの貼る育毛剤 fa:sa(ファーサ)

  マイクロニードル育毛剤ファーサとは &nbs

利尻ヘアカラーエッセンス半額 口コミは?色は?

  利尻ヘアカラーエッセンスが登場!  

オプティミスティック リッチブラックエッセンスの口コミで白髪はどうなる?

オプティミスティックリッチブラックエッセンス オプティミステ

ホーユーダイレクト カラートリートメント ブランのプラチナシルバー

出典:ホーユーダイレクト ホーユーのカラートリートメント

ナチュライン ヘアマニキュア 1回で白髪が目立たなくなる

ナチュライン ヘアマニキュア   白髪染め研究1

→もっと見る

    PAGE TOP ↑