頭皮と髪の毛の悩み

頭皮が臭いのは加齢臭だけじゃなかった!10代女子でも臭いのはなぜ?

投稿日:2016年4月12日 更新日:

頭皮が臭くて困ってる19歳女子

19歳の女性ですが、18歳の頃から頭皮のニオイが気になってきたので、良いと言われるシャンプーやトリートメントをいろいろと使ってきましたが、最近さらに臭うようになった気がして悩んでいます。

 

最初は頭皮というより髪の毛が臭うような感じだったのでドラッグストアでヘアコロンを買ってごまかしていたんですが、最近カラーリングをするようになってから頭皮からも臭うようになりました。

 

ちゃんとした美容院でカラーリングをしたのですが、風が吹くと自分の頭皮が臭いし、シャンプーをしたあとにドライヤーで乾かしている時から臭いです。

そのせいか外に出るときにつけるヘアコロンの量もだんだん増えてきています。シャンプーを変えても臭いのは変わりません。

 

ゴシゴシ洗いが原因?

シャンプーの時に臭わないようにゴシゴシと洗ってるのが良くないかも・・・・と思いソフトに洗うようにしても結局変わらなかったし、美容院で洗ってもらった後もすぐに臭くなるので何が原因かまったく見当がつかずずっと悩んでます。

 

1年前までは臭うこともなかったので自分の鼻がおかしいのか気にし過ぎかも、と思い親に臭ってもらったら「臭う」と言われたのでやっぱり・・・とガックリしました。

食べ物の影響もある?

 

食べる物で体臭が変わると聞きましたが、以前から食生活はあまり変わってないです。でもこの頃はTゾーンからもニオイが出ているように感じます。
何かいい方法がないかと探してるのですが、なかなか見つからないので最近は臭ったらいけない‥と思い他人とはあまり話せなくなりました。

 

塩で頭皮と髪の毛を洗う方法

 

頭皮のニオイで悩んでいることを知っている知人から教えてもらった方法があります。それはちょっと変わったやり方ですが、塩で髪の毛や頭皮を洗うという画期的なものです。

 

体臭の専門家が推奨しているそうなのです。その専門家がいうには頭皮や髪の毛のニオイは洗いすぎや使っているシャンプーがあってないことが多い、ということ。

 

塩シャンプーなら臭わなくなるそうなので一度やってみようとやり方を調べてみました。

 

塩シャンプーのやり方

 

40度前後の温度のお湯を洗面器に入れたら大さじ3~4杯の天然塩を入れてしっかりと溶かしておきます。;
いつもより熱めのお湯で頭皮をしっかりともみながら洗います。これは事前に汚れと皮脂をある程度落としておくためです。
食塩を溶かした洗面器のお湯を頭皮に少しずつかけながら念入にマッサージをします。

その後、きれいなお湯ですすいで終わりです。

 

塩シャンプーって本当に塩とお湯だけで洗うのですが、これだけで本当に頭皮のニオイがなくなるのだったら簡単すぎですしお金もかかりません。

 

シャンプーのし過ぎが臭いの元?

 

塩シャンプーの簡単さやシンプルさを確認すると市販のシャンプーのし過ぎが臭いの元かもしれない、と思えます。最近は女優さんでも毎日シャンプーしない、とテレビの番組で言ってましたし。

 

女優野モデルとして」大活躍中の中村アンさんは3日に1度しかシャンプーしないとか。3日洗ってないにも関わらず、臭った宮川大輔は「臭くはないけど、おっさんのニオイがする」という程度。中村アン 不潔ってイメージになっちゃったそうですが意外に毎日シャンプーしなくてもいいのかもしれませんね。

 

塩シャンプーの洗浄力

塩で頭皮や髪の毛を洗うことで洗浄力はどうでしょうか?実は塩にはタンパク質を分解して溶かす作用があるそうです。皮脂などはある程度お湯で洗い流すことができますが角質や垢などのタンパク質は塩で落とすことが可能ということです。

 

洗浄剤は使わず天然の塩のみの無添加なので頭皮に必要な皮脂を落とし過ぎずバリア機能も損ねません。シャンプーを変えても頭皮が臭うのは、常在菌のバランスが崩れてるのかもしれません。

 

皮膚の常在菌

 

顔の皮膚には数えきれないくらいの菌が住んでいます。それを常在菌というそうです。頭皮も顔の皮膚と一枚の皮でつながってるので同じです。ニキビの原因になるアクネ菌や化膿させるブドウ球菌も常在菌ということで意外ですね。

 

でも一定量であればアクネ菌もぶどう球菌も悪さをすることなく大人しくそれぞれの役割を果たしますが、バリア機能の低下などでバランスが崩れると悪さを発揮。何気なく使ったシャンプーやヘアカラーが常在菌バランスを崩した、ということも考えられるかも、ということ。

 

一度、今までのケアをいっさいやめてみて塩シャンプーをやってみるのもいいかもしれないな、と検討中です。そういえば江戸時代や明治時代には今のようなシャンプーやリンス、トリートメントなんかはなかったですからね。

 

江戸時代のシャンプー

 

江戸時代のシャンプーについて興味を持ったのでしらべみましたら、その時代の女性は1か月に1度しか髪の毛を洗わなかったそうです。現代のようにシャンプーなんかはない時代、どのように洗っていたのでしょうか?

江戸時代にはすでにせっけんはあったそうですが、かなりの高級品だったので誰もが使っていたということはありません。普通はうどんの粉や海藻のふのり、米のとぎ汁、灰汁、粘土、油粕などでした。粘土で洗えるなんて驚きですね。

 

江戸時代の人から見たら現代人は髪の毛を洗いすぎって思うでしょうね。髪の毛をまとめるために鬢付け油などを使っていた江戸時代の人でもあまりシャンプーはしなかった、ということなので洗いすぎは良くないのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

-頭皮と髪の毛の悩み

執筆者:

関連記事

no image

頭皮トラブルが起こりやすい梅雨と夏に注意

育毛効果が出やすい季節は春ですが、反対に頭皮トラブルが発生しやすい季節はいつでしょうか?それは梅雨期と真夏です。5~7月に頭皮の健康を維持することで育毛効果がアップするということですね。   …

no image

抜け毛が多い季節ってあり?いつまで続きますか

抜け毛が急に増えてきて若ハゲになるんじゃないかと心配な10代の男子 秋にはいって急に抜け毛が増えてきた15歳の男子です。新学期が始まってすぐの9月の初めころからずっと抜け毛が多い気がしてすごく気になっ …

40代女性のびまん性脱毛はエストロゲンの減少が原因?

髪の毛が全体的に抜けて髪のが細くなって頭皮が見えてきました   40代になってから急に抜け毛が多くなり最近地肌が透けて見えるようになってきたので将来が心配になってきました。いろいろと育毛関係 …

no image

帽子は薄毛やハゲの原因?

帽子やヘルメットの着用で薄毛やハゲになる?   ちまたで昔から言われているのが、帽子やヘルメットを常にかぶっていると薄毛やハゲになりやすいという通説。それは 本当なのか実際に研究した人がいる …

薄毛に悩む50代女性 家計の余裕がないので4,000円以内の育毛剤を探しています

薄毛を改善したい50代女性の悩み   年齢的に薄毛になるのは仕方ないとしても、これ以上ひどくなりたくはないので育毛剤で抜け毛をストップさせ薄毛改善を目指している50代です。いろいろと調べてみ …