*

医療費控除の対象にもなる育毛剤

公開日: : 最終更新日:2017/08/30 育毛剤で医療費控除

育毛剤を継続するには

育毛剤は普通にドラッグストアや薬局で購入する事ができるますし、状態がひどい場合はAGA治療の一環として病院から処方される事もありますね。

 

ただ育毛剤は使い続けなければ効果を発揮しないと言う特徴を持っていますし、決して価格が安くないというところからなかなか使い続けるのが難しいと言うネックを抱えている人たちも多くいます。

 

医療費控除を受ければ継続しやすい
そんな育毛剤は医療費控除の対象にならないのかというとそのほとんどは対象外と言われており、その理由としては治療のために使用されているとしてもあくまで自由診療であるからだとされています。そのため保険適応外で治療をすることが多くなっているため、医療費控除の対象には基本的に含まれていないと言う事になっています。場合によっては育毛剤の医療費控除申請をすることによって脱税だと判断されることがあり、それによって逮捕されたと言う実績もあるので注意が必要です。
ならば育毛剤は絶対に医療費控除の対象にならないのかというと、実は例外が存在しています。それは薄毛が原因でうつ病などの深刻な精神障害を負ってしまうなどの状態になった場合であり、要するにうつ病などの精神疾患になってしまった際の二次的な治療という意味合いで購入した場合と言う事になります。またその場合は場所も限定されていて、頭頂部 育毛剤などうつ病になってしまうほど酷い場所に薄毛が出来てしまっている場合など状態が限定されている事も少なくありません。ほかにも医療費控除の対象になるのかどうかというところの判断は税務署の担当者によって左右されてしまうため、場所によって申請が通るのかどうかが異なっていると言う曖昧な部分もあるようです。
このようなことから基本としては医療費控除の対象となる育毛剤と言うものは存在しておらず、二次的な精神疾患を伴ってしまった場合のみ例外として認められる場合もあるということです。必要であれば診断書などを一緒に持参し、税務署の担当者に判断してもらうと言う対策もおすすめです。

関連記事

記事はありませんでした

アートネイチャー白髪染め ラボモヘアカラートリートメントの口コミは? 3分で染まるってほんと?

ラボモヘアカラートリートメントは3分で染まる? こちらではアート

アスタリフトの育毛剤 口コミにフォーカス!効果を暴露

薬用育毛剤スカルプフォーカスエッセンス アスタリフトのスカルプフ

利尻ヘアカラーエッセンス半額 口コミは?色は?

  利尻ヘアカラーエッセンスが登場!  

ナチュライン ヘアマニキュア 1回で白髪が目立たなくなる

ナチュライン ヘアマニキュア   白髪染め研究1

Rijun(リジュン)口コミは? 半額でお得にお試し

リジュン(Rijun)の口コミ効果まとめ リジュンは女性専用

→もっと見る

    PAGE TOP ↑