*

頭皮トラブルが起こりやすい梅雨と夏に注意

育毛効果が出やすい季節は春ですが、反対に頭皮トラブルが発生しやすい季節はいつでしょうか?それは梅雨期と真夏です。5~7月に頭皮の健康を維持することで育毛効果がアップするということですね。

 

梅雨期に注意すること

梅雨期に入ると湿度が高くなり、どうしても頭皮環境が悪くなりがちです。湿度や気温が高くなると頭皮はジメジメし汗が残り雑菌が繁殖しやすくなります。匂いも強くなりますからこまめなシャンプーが必要になります。

繁殖した雑菌を殺菌し匂いを消すためのシャンプー選びが大切ですね。洗ったつもりでも毛穴の奥まできちんと洗浄されていなかったら雑菌の繁殖は止まりません。逆に洗いすぎも頭皮の皮脂を取りすぎて乾燥状態になり毛穴が詰まりやすくなります。炎症を抑え殺菌効果のあるグリチルリチン酸K2配合のシャンプーを選びましょう。

 

真夏の紫外線と夏バテに注意

 

真夏も頭皮や髪の毛にはダメージが起こりやすい時期です。紫外線は顔だけでなく頭皮の細胞を老化させるなどいろいろと悪い影響を与えるからです。日差しが強い時には帽子をかぶるなど紫外線から頭皮を守りましょう。

 

真夏でなくても3月ごろからUV-A波は強くなっています。UV-A波はB波以上に頭皮の細胞にダメージを与えます。真皮層まで届く波長なので髪の毛を生み出す毛母細胞を傷つけ発毛サイクルを不安定にするからです。真夏に紫外線をたくさん浴びると、秋になってからの抜け毛につながります。

 

エアコンなどの冷房に注意

 

暑い時期にはエアコンや冷房がフル回転します。オフィスでは欠かせませんね。会社だけでなくスーパーや百貨店、飲食店など、どこでもエアコンがついているのが当たり前の現代は夏でも体が冷えています。冷えは頭皮の血流低下になり秋の抜け毛につながります。

 

さらに真夏になると暑いので入浴も簡単にシャワーで済ませがちではありませんか?夏になってもお湯につかって全身の血行を良くしておくことが大切です。炭酸入浴剤を入れたお風呂に入って血流アップさせましょう。

 

梅雨や真夏の食生活に注意

 

ジメジメしてきたリ暑い時期はいつもより食欲が低下します。ついあっさりしたものや簡単なものですませていませんか?特に真夏は冷たい飲み物やそうめんなどがおいしく感じられますが栄養バランスは悪いし、体を冷やす原因になります。

 

髪の毛はタンパク質で作られているのでバランスの採れた食生活をしないと髪の毛が弱くなってしまし抜け毛につながります。食欲がないときはサプリメントでビタミンやミネラルを補うなど工夫しましょう。

 

 

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マイクロニードルの貼る育毛剤 fa:sa(ファーサ)

  マイクロニードル育毛剤ファーサとは &nbs

利尻ヘアカラーエッセンス半額 口コミは?色は?

  利尻ヘアカラーエッセンスが登場!  

オプティミスティック リッチブラックエッセンスの口コミで白髪はどうなる?

  オプティミスティックリッチブラックエッセンス オ

ホーユーダイレクト カラートリートメント ブランのプラチナシルバー

出典:ホーユーダイレクト ホーユーのカラートリートメント

ナチュライン ヘアマニキュア 1回で白髪が目立たなくなる

ナチュライン ヘアマニキュア   白髪染め研究1

→もっと見る

    PAGE TOP ↑